サンサンの名刺管理システムなどを活用して楽々経営

パソコン

名刺を管理する方法

名刺

名刺をもらった場合にどのように名刺管理するかによって、後日の活用の度合いが変わってきます。整理しないというのは論外ですが、ファイルに綴じ込んでいくだけでは、分類しても後の検索が大変です。それと比較して、電子データ化の場合は、初めは大変でも後の検索が容易になります。しかし、業者を利用すると快適にデータ化することも可能です。

詳しくはコチラ

売上に貢献できます

女性

商談管理システムは、取り引きを始める前段階の重要な局面における情報を、過去を辿り、未来を見据えながら利用できるシステムとして、利用が増える可能性があります。商談管理を導入する場合には、自社に最適なものを選択する必要もあります。トライアルができるものを試すなど、工夫しながら導入を検討してみてください。

詳しくはコチラ

名刺を有効活用すること

パソコン

名刺管理はビジネスマンにとって、とても重要なことなのですが、それは個人だけではなく、組織という観点でも重要です。さらにいただいた名刺にメモをつけることにより、合った時の状況や関係性を明確にできるので、それ以降のビジネス拡大につなげることが出来るのです。

詳しくはコチラ

名刺管理サービスのすごさ

顧客との接点の重要性

名刺

トータルソリューションの重要性が叫ばれて久しいですが、本当にトータルソリューションを実践できている会社はどれくらいあるでしょうか。トータルソリューションは、何よりもまず顧客と接点を持たなければ提供することができません。顧客が何を望んでいるのか、何に対して不満を持っているのかを知らなければ、トータルソリューションを提供することは不可能です。顧客と接点を持つために、多くの会社が名刺を活用しています。しかし、トータルソリューションを提供するためには、一歩進んだ名刺活用が必要です。そこで利用したいのが、クラウド名刺管理サービスである、サンサンです。サンサンの名刺管理サービスを利用することで、全社挙げてのトータルソリューションを提供することができるようになります。

名刺をデータベース化

サンサンの名刺管理サービスでは、会社全体で名刺を共有することができます。名刺が営業マンの机で眠ることがないほか、別の部署の社員が名刺を活用することができます。名刺はデータベース化され、様々なグループ分けが可能です。そのため、メールやDMの一括配信ができるようになるほか、眠っているビジネスチャンスを掘り起こすことができます。また、日報や商談結果を名刺に紐付けることができるため、より顧客の情報を明確にすることができます。また、サンサンの名刺管理サービスは、社員間の仕事の引き継ぎにも有効です。名刺や顧客情報はデータベース化されているため、漏れがなく仕事を引き継ぐことができます。眠っているビジネスチャンスを掘り起こし、ビジネスチャンスを眠らせないことが、サンサンの名刺管理サービスの大きな魅力です。顧客満足度調査も重要です。